東京ディズニーシーで楽しめるバイキング形式のレストランは?

ディズニーシー

東京ディズニーシーでの楽しみの一つは

なんといっても食事!

 

パーク内のレストランや食べ歩きフード、おなじみのポップコーンなど

ディズニーならではのメニューも豊富で

すべて食べたい気持ちになってしまいます!

そんな食いしん坊の夢を叶えてくれるのが

バイキング形式のレストラン。

 

好きなものを好きなだけ食べられる、夢の空間です。

今回は、東京ディズニーシーで楽しめるバイキングをご紹介します。

 

ディズニーシーでバイキング形式を楽しめるレストランは「オチェーアノ」!

2018年3月31日

東京ディズニーシー内で唯一のバイキングレストランだった

「セイリング・ビュッフェ」が、クローズしたことにより

パーク内のバイキングレストランは無くなってしましました。

 

おなかいっぱい食べられるセイリング・ビュッフェは

貴重なお店でした。ちょっと寂しい・・。

 

しかし!

東京ディズニーシーにあるホテルミラコスタで

バイキング形式を楽しむことができるんです!

 

それがミラコスタにあるレストラン【オチューアノ】!

メディテレーニアンハーバーに面していて

イタリア語で「海」を意味するこちらのレストランは

地中海料理がメインのバイキングが楽しめるレストランです。

海の世界をイメージした店内で

バイキングのほかにコース料理も提供しています。

座席数も多く、宿泊者以外の利用も可能なので

朝ごはんをこちらで食べてから、パークに入るのもいいですね。

オチューアノの特徴

洋食のみならず、和食のメニューも豊富で

お子様メニューや低アレルゲンメニューもあるので

まさに家族みんなで楽しめるレストラン、オチューアノ。

 

全体的に見ると、大人向けのメニューが多いですが

中でも、前菜はとても充実していて

見たも美しく、目でも楽しめるようになっています。

また、パークで開催中のイベントに合わせた

期間限定のメニューもあるので

何度言っても新しいメニューが食べられるのも楽しいですね。

さらに、レトルト食品の湯煎ができたり

メニューにおかゆがあったりと

離乳食中のお子さん連れにも優しいレストランになっています。

 

オチューアノを利用するのにおすすめに時間は?

オチューアノには

・ブレックファストビュッフェ

・ランチビュッフェ

・ディナービュッフェ

がありますが

なんといってもおすすめなのは、ブレックファストビュッフェです。

朝6時半から10時まで行われていますが

混雑のピークは7時〜8時。

ゆっくり楽しみたい人は、少し時間をずらして

9時ころに行くのが良いかもしれません。

が!オススメの時間は、パークのオープンよりも前の時間です!

オチューアノには、ハーバーショーを見ることのできるテラス席があるのですが

 

オチェーアノのテラスは夜もおすすめ!

ハーバーショー「ファンタズミック」もばっちり見れるよ!

 

 

パークオープン前には

準備をしているキャストの姿を見ることができます。

これは、この時間にここでしか見ることのできない

かなりレアな光景です。

もう一つはランチビュッフェ

ビュッフェ利用時に通されるテラス席からは

可動式のステージを使うハーバーショーが見ることができます。

ディナービュッフェ時、この席は争奪戦になるそうで

かなり殺伐とした雰囲気になるのだとか…。

せっかくのディズニーシー。

せっかくのミラコスタでの食事。

場所取りのために躍起になるなんて、少し切なくなってしましますね。

ランチビュッフェならば

そんな雰囲気にならず楽しむことができます。

必ず使おう!プライオリティ・シーティング

プライオリティ・シーティングとは

オンライン、又は電話で事前に席を受けつけられる仕組みのこと。

あらかじめ指定された時間に来店し

席が空き次第案内してもらえるシステム。

 

オチェーアノは人気なので

プライオリティーシーティングをしておくと安心です。

 

 

プライオリティーシーティングをしていると

ちょっとした優越感にも浸れます(笑)

 

混雑時には待ち時間も発生することもあります。

予約というよりは

待ち時間が短縮されるシステムだと思ってください。

オチューアノでも、このプライオリティ・シーティングを利用できます。

 

オチューアノを予約できるタイミングは?

どこのホテルに泊まるか

又はレストランだけの利用なのかで

予約するタイミングが異なります。

予約できる時期に注意だね。

1、ディズニーホテルに宿泊

東京ディズニーリゾート総合予約センター(電話)か東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入(オンライン)で宿泊予約した場合

→オンライン受付

ホテル宿泊予約成立後から利用日前日の20時59分まで

→電話受付

ホテル宿泊予約成立後から利用日前日の18時まで

旅行代理店などを利用して宿泊予約した場合

→電話受付

チェックイン日の一ヶ月前の同日から利用日前日の18時まで

2、オフィシャルホテル、パートナーホテルに宿泊

東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入(オンライン)で宿泊予約した場合

→オンライン受付

チェックイン日の6カ月前の同日10時から利用日前日の20時59分まで

→電話受付

チェックイン日の6ヶ月前の同日10時から利用日前日の18時まで

東京ディズニーリゾート総合予約センター(電話)で宿泊予約した場合

→オンライン受付

ホテルの宿泊予約成立後から利用日前日の18時まで

旅行代理店などを利用して宿泊予約した場合

→下記3と同じ方法になります。

3、レストランのみの利用(宿泊なし)

→オンライン受付

レストラン利用日の6ヶ月前の同日10時から利用日前日20時59分まで

→電話受付

レストラン利用日の6ヶ月前の同日10時から利用日前日18時まで

 

それぞれ、受付開始日や締め切りの時間が異なるので

注意が必要です。

食べ放題はバイキング?それともビュッフェ?

日本で耳にする食べ放題の名称といえば

「バイキング」と「ビュッフェ」の二つ。

この二つの言葉、似ているようで

実はその由来や意味には違いがあるのです。

 

ディズニーシーの船【S.S.コロンビア号】の2つのレストランとは?

 

「バイキング」という言葉は

和製英語で、この言葉が通用するのは日本限定。

帝国ホテルの支配人だった

犬丸徹三さんに付けられた名前です。

1950年代、まだ食べ放題の食事は日本にはなく

旅行でデンマークを訪れた犬丸氏が

好きなものを好きなだけ食べる「スモーガスボード」に感銘を受け

日本に持ち込んだのが始まりでした。

一定の金額を払うことで

好きなものを好きなだけ食べられるシステムです。

一方「ビュッフェ」の語源はフランス語で

「セルフ形式の食事」を意味します。

なので、ビュッフェは食べ放題というより

食べる分だけお金を払うというシステムになっています。

今ではバイキングもビュッフェも

どちらも食べ放題の意味で使われていますが

厳密には由来も意味も違うものなんですね。

 

まとめ

 

食事は生きていくうえで欠かせないもの。

東京ディズニーシーを楽しむために

食事の時間も楽しいものにしたいですよね。

オチュアーノで、心もお腹満たして

パークを満喫しましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました