ディズニーシーで身長制限のあるアトラクションまとめ!

アトラクション

あなたはディズニーシーでアトラクションに乗るときに
身長制限って気にしたことがありますか?

ほとんどの人が気にしてないと思います。

でも、小さな子どもがいる家族には
深刻な問題ですよね?

だって乗りたいアトラクションに
乗れるかどうかの瀬戸際ですから

東京ディズニーリゾートの公式ホームページによると
アトラクションの身長制限は

・90㎝以上OK

・102㎝以上OK

・117㎝以上OK

・195㎝以下OK

などがあります。

これは3~7歳ぐらいの子どもが
当てはまる身長だと思います。

「乗れると思っていたのに
身長制限でアトラクションに乗れなかった・・・」

こんな思いをしないために
今回は身長制限があるアトラクションをご紹介します。

これを知っておけば、
小さな子どもと一緒でも
ディズニーシーを楽しめますよ!



ディズニーシーで気をつけるべき身長制限のあるアトラクションは?-身長制限90㎝以上-

身長90㎝以上はだいたい3歳ぐらいの平均身長です。
3歳って、年齢で聞くとかなり幼いですよね。

そのくらいの子どもでも乗れるアトラクションが
2つあります。

「ニモ&フレンズ・シーライダー」

 

ニモ&フレンズ・シーライダー:身長90㎝以上

 

潜水艇「シーライダー」に乗り込み魚目線になって、
ニモやドリーたちと海の世界を冒険する
室内型のアトラクションです。

映像に合わせて座席が動くなど
少し激しめの演出もありますが、
子どもも楽しめる内容になっています。

「フランダーのフライングフィッシュコースター」

 

フランダーのフライングフィッシュコースター:身長90㎝以上

 

トビウオ型のかわいいコースターで、
乗っている時間は約1分ほどです。

ジェットコースターの初級編ようなアトラクションです。

子ども向けではありますが、
ジェットコースターなので
スピードもそこそこあり楽しいです。

絶叫系が怖くない子なら余裕かもしれないですね。

ディズニーシーで気をつけるべき身長制限のあるアトラクションは?-身長制限102㎝以上-

 

身長102㎝以上はだいたい4歳半ぐらいの平均身長です。
幼稚園だと年少さんですね。

乗れるようになるアトラクションは
2つあります。

「タワー・オブ・テラー」

 

タワーオブテラー:身長102㎝以上

 

ディズニーシーでも人気の
フリーフォール系アトラクションです。

大人でも

ジェットコースターは乗れるけど、
フリーフォールは無理!

なんてことがあります。

絶叫系が大丈夫で、
高いところが平気なお子さんは
チャレンジしてはいかがですか?

タワー・オブ・テラーを楽しめる
幼稚園児っているのでしょうか?

意外といるかもしれないですね。

「ソアリン:ファンタステック・フライト」

 

ソアリンファンタスティック・フライト:身長102㎝以

 

今年の夏にオープンの新アトラクションですが、
身長制限あるの知っていますか?

映像にシンクロしてるライドの動きとその他の演出により
まるで空を飛んでいるかのような体験ができます。

条件をクリアしているのであれば、
ぜひ乗ってみましょう。



ディズニーシーで気をつけるべき身長制限のあるアトラクションは?-身長制限117㎝以上-

身長117㎝以上は6~7歳ぐらいの平均身長になります。
幼稚園の年長か小学校の1年生ですね。

ここをクリアできると
園内のアトラクションは
すべて乗ることができます。

「インディー・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」

 

インディージョーンズ:身長117㎝以上

 

魔宮の中をジープに乗って探検するアトラクションです。

上下左右に激しく揺れますが、
そんなに怖くはないです。

絶叫系は無理だけど、これなら乗れる

という人は結構います。

なので子どもでも無理なく乗れます。

「レイジングスピリッツ」

 

レイジングスピリッツ:身長117㎝以上

 

360度回転するローラーコースターです。

絶叫系が好きな人向けなので、
小さい子には激しすぎるかも

それでも乗ってみたいと思ったら、
チャレンジしてみよう!!

実はこのアトラクションには

もう1つ身長制限があります。
それは195㎝以下OKのアトラクションなのです。

つまり背が高すぎると乗れないのですが、
実際に背が高すぎて乗れない人は
見たことないです。

「センター・オブ・ジ・アース」

 

センター・オブ・ジ・アース:身長117㎝以上

 

大人気の「プロメテウス火山」の中を
猛スピードで駆け巡るジェットコースター。

実は急上昇と急降下は最後の1回だけなので、
序盤は優しめです。

激しめのアトラクションですが、
絶叫系が大丈夫なら子どもでも
平気かもしれないです。

まとめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今回は数あるアトラクションの中から
身長制限に注目して書いてきました。
いかがだったでしょうか?

実際問題、小さな子がいる家庭だと
パーク内の下調べは重要だと思います。

ディズニーのグッズなら何でも買取可能なんです!

トイレの位置だったり、
休憩できそうな場所だったり、
アトラクションの情報などなど

当日バタバタしそうなことは
知っていて損はないと思います。

 

ディズニーシーのアトラクションで過去最高の待ち時間は?

 

なにより
ワクワク気分でアトラクションまで来たのに
キャストさんに

「ちょっと身長足りないね」

なんて言われたら悲しすぎます。

身長がギリギリだった時とかは、
意外とキャストさんが乗せてくれたりしますよ。

キャストさんによるかもしれないげど・・・

今回の内容が家族連れの方の
役に立ったらいいなと思います。

小さな子どもと一緒でも
ディズニーシーで楽しく遊びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました