写真撮影があるディズニーシーのアトラクションは?ポイントの紹介も!

アトラクション

ディズニーシーのアトラクション内で
撮影される写真の出来を気にしている人はいませんか?

ディズニーシー内では多くありませんが、
アトラクションの中で写真を撮ってくれる乗り物があります。

目をつぶってしまったり、目が半開きになってしまったりと
タイミング次第ではちょっと間抜けな顔になってしまうかもしれません。
そのような顔で写ってしまっては恥ずかしいですよね?

今回はそのような人のために
撮影場所や写るときのポイント、
撮影されるアトラクションの紹介をしていきます。

 

写真撮影があるディズニーシーのアトラクションその①タワー・オブ・テラー

まず一つ目のディズニーシーのアトラクション紹介として
タワー・オブ・テラーを見ていきましょう。

タワーオブテラーで写真撮影がされる場所は?

こちらのアトラクションの撮影場所は
最上階に到達した直後に撮影されます。

実はタワー・オブ・テラーに関しては
そこまで気を張らなくても写真撮影ができますよ。

なぜなら最上階に到達した後に落下をするのですが、
落下する直前に撮影されるからです。

絶叫マシンでの写真撮影はディズニーシー以外でも多々ありますが、
ほとんどの場合は落下中やスピードが速いときに撮影されることが多く
気を抜いてしまうとあっという間に撮影場所がすぎてしまいます。

身近な例えだと
お隣のディズニーランドの
スプラッシュマウンテンが該当しますね。

スプラッシュマウンテンは3回落下ポイントがあり、
3回目の落下途中で撮影されるのでタイミングが測りづらいのですが、
タワー・オブ・テラーのように落ちる直前なら測りやすいです。

タワーオブテラーで写真撮影されるときのポイントは?

タワーオブテラーで写真撮影されるときのポイントは
カメラ目線で写ることでしょう。

これを聞くとちょっと難しいように感じますが、
最上階に到達したときに窓の中央上側を見ておけば
カメラ目線で写ることができますよ。

ほとんどの人は最上階の窓の景色に注目しがちですが、
自分だけがカメラ目線で写っていれば
写真映え間違いなしです。

 

写真撮影があるディズニーシーのアトラクションその②インディ・ジョーンズ

ディズニーシーのアトラクション内で
写真撮影ができる乗り物の
残りの一つがインディ・ジョーンズです。

インディジョーンズで写真撮影される場所は?

このアトラクションの撮影場所は最後の方で、
岩が転がって迫ってきた後に一度バックをするのですが、
その後の降下する部分で撮影されます。

降下中に撮影するとなると、
どうしても怖がってしまう人がいますが、
怖がる必要はありません。

なぜなら、降下中に撮影するといっても
ちょっとした坂道を下るような感覚だからです。

それなら安心。

暗闇の中を右へ左へと振り回されたりはしますが、
速いスピードが出るわけでもなければ、落差のあるコースもなく
怖い思いをすることはないでしょう。

 

インディジョーンズで写真撮影されるときのポイントは?

インディジョーンズで写真撮影されるときのポイントは
シンプルにバンザイをして写ることです。

ですが前列でバンザイをしてしまうと
周りの人の写真の写りを邪魔してしまうことがあるので
一番後ろの席を狙うようにしましょう。

バンザイはディズニーシーでやっている人が多い感じがしますが、
意外と安全バーにつかまっている人が結構多いので
このポーズだけでも写真の出来栄えが良くなりますよ。

またカメラ目線をしたいと思っている人は、
カメラの位置が暗くてわかりづらく、かつ左前方を向かないといけないので
何度が乗車してカメラの位置を確認した方が確実でしょう。

 

写真撮影される場所をおぼえておこう

ディズニーシーのアトラクションで
写真をバッチリと決めたいのなら、
写真が撮影される場所を把握しておきましょう。

なぜなら、写真ばっかり気にしてしまうと
アトラクション自体を楽しむことができませんし、
疲れてしまうからです。

もしも写真が撮影される場所を把握していなかったら、
どこで撮られるのかがわからなくなってしまうので、
しっかり写ろうとすると、そのことを気にしていなければなりません。

そうなってしまうとアトラクション乗車中は
ずっと写真のことで気を張っていなければならないので、
体が疲れてしまうのは当然の話なのです。

はしゃいで疲れてしまっているならともかく、
写真で気を張っていたから疲れたとなっては
ディズニーシーに来たのにもったいない気がしませんか?

写真を撮られる場所を把握していれば、
その分だけ気を張れば良いのでアトラクションを楽しめますね。
ちなみに写真が撮られるアトラクションはこちらの2つだけです。

  • タワー・オブ・テラー
  • インディ・ジョーンズ

どちらも人気のアトラクションとして有名ですし、
覚えるのにそれほど苦労はないと思います。

まとめ

今回の記事はディズニーシーの
アトラクション内で写真を撮られるときの
ポイントを紹介しました。

意外とシンプルなポーズでも
十分に写真の写りが良くなることが
わかっていただけたと思います。

 

必見!ディズニーシーで最初と最後に乗るべきアトラクションはコレ!

 

もちろん今回紹介している意外でも
写真の写りが良くなることはできるので、
調べてみるのも良いでしょう。

そのことについて調べてみるのも
楽しみの一つになるかもしれませんね。

しかし、いくら写真の写りが良くなりたいからといっても
周りの人の迷惑にならないようにしましょう。

ディズニーシーに来園している
すべての人が楽しめるように
配慮することも大切になりますよ。

マナーを十分に守った上で
アトラクションと写真撮影を
楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました