意外!ディズニーシーで料金のかかる2つのアトラクションとは?

アトラクション

ディズニーシーで一味違ったアトラクションを
楽しみたい人はいませんか?

料金はかかりませんが、
乗り物に乗ったり、スクリーンの映像を見て楽しんだりと
楽しみ方が似ているようなものが多いですよね?

ディズニーシーで「自分で何かをする」というアトラクションを
見かけることは少ないと思います。

 

そこで今回はアトラクションといえるか微妙ですが

アブーズ・バザール」という有料のアトラクションをご紹介します。

意外に思われるかもしれませんが

実はこのアトラクション料金がかかります。

でもすごく楽しいんです!

しかもルールは簡単でやりごたえがあるので
遊びに行ったときに是非楽しんでみましょう。

 

意外!料金のかかるディズニーシーの一味違ったアトラクション:アブーズ・バザール

ディズニーシー内で一味違ったアトラクションが楽しめるのは、
アラビアンコーストというエリアにあるアブーズ・バザールです。

このアトラクション、意外に料金がかかりますので

一応注意しておいてください。

ディズニーシーにある他のアトラクションと違って
見つけるのが少々難しいかもしれませんが、
Abu’s Bazaarの看板を目印にしてみましょう。

 

 

アブーズ・バザールの2つのゲームは

わくわくドキドキ。すっごく面白い!

 

 

こちらはアブーというキャラクターが
店主をしている設定があります。

アブーとはアラジンに出てくる小さくて可愛らしい猿のことで
宝石に目がなく盗みを働くこともあるキャラクターです。

そんなアブーが店主のアブーズ・バザールで料金を支払えば
シンプルでやりごたえのある2種類のシンプルなゲームで遊べます。

ゲームコーナーだったらアトラクションでないのでは?と思ってしまいますが、
こちらの記事ではディズニーシー内にありますし、
1つのアトラクションとして取り上げていくのでご了承くださいね。

アブーズ・バザールの料金は?

ちなみにアブーズ・バザールには
「コブラの罠」と「宮殿への道」があり
料金は1回500円で遊ぶことができます。

またこちらのゲームに成功できれば、
景品としてぬいぐるみがもらえます。

 

 

ぬいぐるみは季節によって変わるよ!

お気に入りのぬいぐるみが出たら

ぜひともゲットしたいですね。

 

失敗したとしても参加賞でピンバッチがもらえます。

 

このピンバッチもかわいい!

ぬいぐるみよりピンバッチが欲しいという方もいるかも・・?

 

 

というわけで次からは
「コブラの罠」と「宮殿への道」について
詳しく見ていきましょう。

 

アブーズ・バザールのアトラクション①コブラの罠

ディズニーシー内の一味違ったアトラクションとして
まず最初に「コブラの罠」から見ていくことにしましょう。

こちらはボールを転がして
金色のお皿にボールを入れることができれば成功です。

一番奥の金色のお皿ね!

 

こんな感じになれば

成功!

 

 

使用するのは転がすときの力加減なので、
小さなお子様であっても簡単に楽しめますね。

ディズニーシーのアトラクションなので
そこまで難しくないように思えますが、
これが意外と難しかったりするんですよ。

お皿は横に4列、縦に5列という配置で
一番奥の列が金色のお皿になっており、
他のお皿はすべてピンク色のお皿になっています。

ちなみに真ん中には障害物のコブラがあって
これにボールをぶつけてしまうと
狙っているルートから外れてしまうので注意しましょう。

また、すべてのお皿はしっかりと固定されているわけではなく、
ボールが通過したときのボールの重さによってお皿が傾いてしまい、
そのせいで狙ったところに転がすのが難しくなっています。

もしお皿の上でボールが止まってしまったときには
ボールを取り除くか、そのままの状態にしておくか選べるので
状況をうまく見て判断するようにしましょうね。

料金の支払いとボールの数に関しては
遊ぶ前に料金を支払い、500円で4つのボールで遊べますよ。

 

アブーズ・バザールのアトラクション②宮殿への道

 

ディズニーシー内で一味違ったアトラクション。
次に紹介するのが「宮殿への道」です。

こちらもルールは簡単で
「コブラの罠」同様ボールを転がし
3つのうち、どれかのポケットに入れば成功になります。

 

 

3つのポケットのどこでもいいので

ボールが入ったら成功です。

 

 

ねらい目は左右の低いポケット!

真ん中の少し高いポケットは入れるのが難しいよ。

 

こちらのアトラクションは
レーンの先端がジャンプ台のようになっていて、
ボールを転がすとジャンプ台によってボールが飛んでいく仕組み。

一番奥の壁にはディズニーシーらしいタッチの宮殿が描かれ、
窓の部分に3つのポケットがあるので、
ジャンプ台によって飛ばしたボールを入れる感じになります。

こちらもシンプルですが、
かなり難しい部類に入ると思ってよいでしょう。

転がす力が弱ければジャンプの高さが足りなくなってしまいますし、
逆に強ければ高く飛びすぎたり、ボールがバウンドして
うまくジャンプ台に乗らなかったりするのです。

ちなみにジャンプ台の先は穴になっており、
そこにボールが落ちてしまったら失敗になってしまいます。

また稀にジャンプしたボールが壁に当たり
レーンに戻ってくるということが起きるのですが、
その場合は戻ってきたボールを再び転がすことができますよ

料金の支払いやボールの数に関しては
「コブラの罠」同様で先に料金を支払い、
4つのボールが使用できます。

まとめ

今回はディズニーシー内で一味違ったアトラクションをテーマとして
「コブラの罠」と「宮殿への道」の2つを紹介しましたが
いかがでしたでしょうか?

とてもシンプルなものであるにも関わらず、
難しさがあってやりごたえがあることが
わかっていただけたと思います。

 

ディズニーシーの人気アトラクション「センターオブジアース」とは?

 

他のアトラクションとは違って料金がかかってしまいますが、
難しさとやりごたえによって「もう一回やりたい」と思ってしまい
ついつい熱中してしまうかもしれませんね。

そんな不思議な魅力のあるアトラクションは
アブーズ・バザールだけでしょう。

もしもこの記事を読んで興味が湧いたのであれば
料金を払う価値は十分にありますよ!

ディズニーシーで一味違ったアトラクションを、
そう思っているのであれば、ぜひ足を運んでみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました