ディズニーシーのアトラクションを巡ろう!おすすめ3コースご紹介!

アトラクション

 

東京ディズニーシーには、様々なアトラクションがあります。

スリル満点なものや、お子様でも乗れるものまでいっぱいで

どのアトラクションから乗ろうか悩みますね。

 

たくさんアトラクションに乗りたい!

でも、エリアが広くてどこから行けばいいの?

 

ディズニーシーに入園後、みんな早足でお目当てのアトラクションに向かうと思います。

入園してからどこに向かえばいいのか悩んでしまう、そんな方におすすめ!

今回はディズニーシーのアトラクションを巡るおすすめコースをご紹介します。

 

【ディズニーシー】アトラクションに効率よく乗るおすすめコースその①

 

最初にご紹介するおすすめコースはスリル満点

『アメリカンウォーターフロント』から巡るルートです。

 

スリル満点コース

 

  1. タワー・オブ・テラー or トイ・ストーリー・マニア!
  2. エレクトリックレールウェイ
  3. インディ・ジョーンズ・アドベンチャー クリスタルスカルの魔宮
  4. レイジングスピリッツ
  5. センター・オブ・ジ・アース
  6. 海底2万マイル
  7. ソアリン:ファンタスティック・フライト

 

スリル満点コース解説

 

最初におすすめするコースはスリルがあるアトラクションを中心としたコースです。

入園したら、まずソアリンのファストパスを取りましょう!

 

入園開始時間からだいたい10分から15分でファストパスがなくなりますので

ソアリンのファストパスゲットがまずは優先です。

 

つぎにトイ・ストーリー・マニア!か、

タワー・オブ・テラーでスタンバイ。

FPを取っていない上記のアトラクションから乗っていきます。

 

最初のアトラクションが終わってからFPまでの時間(約2時間)はまだあると思いますので、

ここから、ちょっと大幅に移動します。

 

目指すは『ロストリバーデルタ』!

ロストリバーデルタに向かうにはちょっと距離があります。

坂も多いですし、少しでも体力は温存したいですよね

 

エレクトリックレールウェイで体力温存!

 

そこでおすすめしたいのが、エレクトリックレールウェイに乗ります。

エレクトリックレールウェイはアメリカンウォーターフロントから

ポートディスカバリーまでつながったアトラクションです。

ゆっくり景色を楽しめ、座って休憩することができます。

 

エレクトリックレールウェイを降りて、目指すロストリバーデルタはすぐ近くで、

そこからすぐにインディ・ジョーンズ・アドベンチャーに乗り、

すぐ近くにあるレイジングスピリッツにも乗ることができます。

 

待望のソアリン!

 

普通だとお昼過ぎにソアリンのファストパスがそろそろ使えるはずです。

待望のソアリンを思う存分楽しんでください。

 

ファストパスの時間がまだ来ていなかったらソアリンは順次後回しにしていきます。

 

休憩も大事

 

ここで休憩を挟んでもよし、

FPの時間になっていたらFPアトラクションに向かいましょう

次の目的地、センターオブジアースと海底2万マイルですが、

休憩するのであれば海底2万マイルがゆっくりすることができますね。

 

【ディズニーシー】アトラクションに効率よく乗るおすすめコースその②

 

次に紹介するのは絶叫系は苦手。

小さいお子様とも楽しみやすいコースを紹介します。

絶叫控えめコース

 

  1. トイ・ストーリー・マニア!
  2. タートル・トーク
  3. エレクトリックレールウェイ
  4. アクアトピア
  5. マーメイドラグーンシアター
  6. シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
  7. キャラバンカルーセル or ジャスミンのフライングカーペット

 

絶叫控えめコース解説

 

スリル満点コースでも紹介したトイストーリーマニアですが、

補助なしで一人で座ることのできるお子様から乗ることができる

全年齢対象のアトラクションなので、今回も最初に紹介です。

 

全年齢対象とのことで、大変人気のあるアトラクションなので、

先にファストパス(FP)をとるか、乗ってから移動したいところですね。

 

そして、次におすすめするタートル・トークは

トイストーリーマニアと同じアメリカンウォーターフロントにあります。

S.S.コロンビア号にあるアトラクションで、ゲストがクラッシュとお話しできます。

 

話すだけ?と思う方もいるでしょう。

しかし、一度いってみたらもう1回行きたい!と思えるほどおもしろいアトラクションなので

ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

そしてまたまたスリル満点コースでも紹介した

エレクトリックレールウェイで少し体力温存して移動し、

ポートディスカバリーにあるアクアトピアに乗ります。

 

こちらは開園当初からファンが多数いるほどシンプルに楽しいアトラクションです。

回転したりするので、人によっては気分が悪くなるかもしれません。

実際の乗り物を外からでも見えるので、確認してから乗るといいでしょう。

 

次に、ミステリアスアイランドを通り抜けてマーメイドラグーンに行きます。

マーメイドラグーンの中には、小さなお子様から楽しめるアトラクションが多数あります。

 

おすすめするのはマーメイドラグーンシアターですが、

ショータイプのアトラクションなので、開演時間が決まっています。

時間がある場合などに、周辺のアトラクションも楽しんでみてくださいね。

 

マーメイドラグーンで楽しんだ後は、アラビアンコーストに行きます。

シンドバットストーリーブックヴォヤッジは、ボートに乗って進むアトラクションで

シンドバッドとチャンドゥと冒険の旅にでることができます。

 

次にアラビアンコーストにあるキャラバンカルーセルか

ジャスミンのフライングカーペット、両方乗るのもいいですね。

フライングカーペットは高所恐怖症の方は高さをチェックしてから乗りましょう。

 

このコースはなるべく高所恐怖症の方や、

小さなお子様でも利用できるアトラクションを紹介しています。

3世代ディズニーでシーに遊びにきたときに参考になるかと思います。

 

【ディズニーシー】アトラクションに効率よく乗るおすすめコースその③

 

最後におすすめするコースは

雨の日でも濡れずに並んで楽しめるアトラクションの紹介です。

 

雨の日でも楽しめるコース

 

  1. トイ・ストーリー・マニア!
  2. タワー・オブ・テラー
  3. タートル・トーク
  4. エレクトリックレールウェイ
  5. ニモ&フレンズ・シーライダー
  6. インディ・ジョーンズ・アドベンチャー クリスタルスカルの魔宮
  7. マジックランプシアター

 

雨の日でも楽しめるコース解説

 

最後に紹介するコース、

またまた登場しました、トイストーリーマニア。

全部のコースで最初におすすめするのは、やはり混み具合がすごいこと。

最初に並ぶ、もしくはFPをとらないとなかなか乗ることが難しくなります。

 

次に、タワーオブテラー。

雨のディズニーシーの中で濡れずにスリルを楽しむことができます。

 

同じアメリカンウォーターフロントにあるタートルトークも、

シアタータイプで屋内なので濡れることなく楽しむことができます。

 

そして、移動にはやっぱりエレクトリックレールウェイを利用して

少しでも雨に濡れずに移動できるのもいいですね。

 

次に乗るのはニモ&フレンズシーライダー。

このアトラクションは1つのキャビン(乗り物)に122人乗ることができ、

回転率もはやく、雨に濡れる心配もありません。

 

振動のある乗り物ですので、

妊娠中の方や90センチ未満の小さなお子様は乗ることができません

 

次にポートディスカバリーから歩いてすぐにあるロストリバーデルタで

インディージョーンズアドベンチャーにも行けます。

 

雨に濡れることなく、迷宮の中を並ぶ形ですので、

インディージョーンズに雰囲気に浸りながら並ぶことができます。

 

最後におすすめするマジックランプシアターは、アラビアンコーストにあります。

シアタータイプのアトラクションで、ジーニーのマジックショーです。

ディズニーの世界に吸い込まれる楽しいアトラクションなので、

ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

基本的に最後に紹介したコースは、屋内で並ぶことができるので

雨に濡れながら並んでビショビショになる心配がありません。

混み具合がすごいときは、屋外に並ぶこともあるので、かっぱがあるといいですね。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

今回紹介した3つのコース、一緒に来園された方や天気の状態にあわせて

参考にして効率よく回ることができるといいですね。

 

ディズニーシーで身長制限のあるアトラクションまとめ!

 

アトラクションを効率よく回ることができれば

途中で休憩をしたり、ゆっくりレストランで食事をとることができます。

時間にも余裕ができるので、ショーを観賞することもできるようになりますので、

ディズニーシーで充実した日を過ごしてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました