ディズニーシーのアトラクションアクアトピアはどのくらい水にぬれる?

アトラクション

ディズニーシーで水のアトラクションといえば、「アクアトピア」。

ディズニーシー開園当初からあり今もなお人気のアトラクションですが、

この「アクアトピア」実は夏限定バージョンがあるのです。

 

そこで今回は、

1.ディズニーシーで水のアトラクションと言えばアクアトピア!夏限定バージョンとは?

2.ディズニーシーの水上アトラクション「アクアトピア」の濡れ具合とその対策は?

3.ディズニーシーの水上アトラクション「アクアトピア」のおススメ度は?

 

についてご紹介していきます!



ディズニーシーで水のアトラクションと言えばアクアトピア!夏限定バージョンとは?

夏のディズニーシーで水のアトラクションと言えばはやはり「アクアトピア」!

 

 


 

アクアトピアはポートディスカバリーにあり、三人乗りのヴィーグルに

乗って水の上を走るアトラクションになっています。

前に進んだり、後ろに下がったり、いきなり回転したりと予測不可能

な動きをするのがこの乗り物の魅力ですよね。

 

ちなみにこのビーグルは自動運転で動いているってみなさん知っていましたか?

私はてっきり水の中にレールが敷かれていてそのレールの上を

走っていると思ったのですが・・なんと自動運転でした!

 

一回システム調節の時に水を抜いたアクアトピアを見ることがあったのですが

確かにレールらしきものはありませんでした。

テクノロジーの進化はディスニーシーにも押し寄せてきていますね(^^)

 

※システム調節のために水を抜いたアクアトピア。

(ちょっとわかりにくくてすみません・・)

この時すべてのビーグルが止まっていました。

 

アトラクションのコースは海コースと陸コースがそれぞれ2種類、合計4種類。

普段はどのコースに乗っても濡れることは少々ですが、夏だけは違います。

 

2005年からはじまった夏の期間限定アクアトピアですが、このアトラクション

とてつもない量の水をかぶることとなるのです。

夏の暑さを和らげるという意味ではいいアトラクションなんですが、

事前に準備や心構えをしていないと予想以上でびっくりします。(笑)

 

例年7月初めから9月ごろまで夏限定バージョンは開催されているの

ですが夏は気温が高くなり暑くなるため、アクアトピアが1年のなかで

もっとも人気になるのはびしょ濡れになる夏の限定バージョンのときになります。

 

たしかに炎天下のなか園内を歩いていれば水を浴びたいとおもいます!

しかし気温が低い日はびしょ濡れコースを行わなかったり、天候によって

期間が延長されたりと変わることがあるため乗りたい場合はキャストさん

に聞いてみるなどのチェックをするといいですよ。

 

ディズニーシーの水上アトラクションアクアトピアはどれくらい水に濡れるの?びしょ濡れ対策も紹介!

 

夏限定バージョンのアクアトピアですが、いったいどれほど

濡れるのか気になりますよね。

コースによっても多少変わってきますが

どのコースでもびしょ濡れです。(笑)

 

なかには頭から水をかぶり、まるでシャワーを浴びたのかと思うほど

のかたもいますよ。

しかし暑い時期に水をかぶるのは気持ちいいですし、すっきりと爽快感

があるため多くの方が何度も乗るアトラクションになっています。

 

一方でアトラクションに乗る前にはある程度水に濡れてもいいように対策をしましょう。

例えば携帯電話やカメラなどの電子機器は水に濡れると困るため、

ポケットなどにはいれずビニール袋に入れるなどしっかり防水対策

することが大事です。

 

また濡れた時に体を拭けるタオルや、比較的乾きやすい服を着るなども

対策としてあります。

びしょ濡れになるのは避けたいという方はレインコートなどもいいですよ!

 

夜にアクアトピアに乗る場合は、昼に比べ服の乾きが遅かったり

気温が下がり寒くなる可能性があるので着替えを準備するなどの対策をして

風邪を引かないよう気をつけてくださいね。



ディズニーシー水のアトラクション「アクアトピア」のおススメ度は?

 

ディズニーシー水のアトラクションアクアトピアのおすすめ度は

おすすめ度・・・★★★★★(夏季)です。

★5つの満点です!

夏の時期に乗ると気分爽快!きっと大満足してもらえっると思います(^^)

 

しかし冬は・・

おすすめ度・・・★★★☆☆(冬季)

です。

 

 

冬はとにかく寒い!(笑)

実際に乗るともっと寒いですしアクアトピアに乗らなくても

周りから見ているだけで寒くなってきます(^_^;)

 

冬の時期にアクアトピアに乗られる方は十分な防寒対策をしてから

乗ってくださいね!

 

それとアクアトピアはシステム調節のために

しばしばアトラクションが休止になります。

 

私もアクアトピアにスタンバイしてもう少しで乗れるという時に

システム調整のために乗れなかったこともありました(涙)

ということで★3つにさせていただきました。

 

 

 

しかしながらコースも種類がありますし季節によって水の量が変わっていたり、昼と夜

でまた違った雰囲気を感じることができたりするためおススメ度は高く

何度も乗ってもらいたいアトラクションだと思います。

 

普段のアクアトピアももちろん楽しいですが、夏のアクアトピアには

また違った楽しみがあり個人的には夏がおすすめです。

 

アクアトピアはアトラクションの所要時間が2分30秒ほどと短いですが

夏が1番人気になるため、夏の日中の待ち時間は30分前後になることが多いです。

 

ですが暑い中30分以上待ってるのはなかなか大変ですよね。

そのため混雑をさけて待ち時間を減らしたい方は、開園直後か

夕方(特に18時以降)がおススメです。

 

その時間は比較的空いている為、はやくアトラクションに乗ることが

できますし夜のアクアトピアは昼とはまた違った幻想的な雰囲気のため

楽しいですよ!

 

ディズニーシーで穴場のアトラクションはどこ?おすすめ3選を紹介!

 

そして実はアクアトピアのアトラクションコース内にディズニーリゾートの

楽しみ方のひとつである隠れミッキーがあります。

予測不能な動きをするこのアトラクションではなかなかみつけにくいかも

しれませんがその難しさも含めおもしろいですよ!

 

【ディズニーシー】待ち時間が少なくて楽しい穴場アトラクション4選!

 

まとめ

 

今回は子供はもちろん大人も楽しめるディズニーシーの水上アトラクション

「アクアトピア」についてお伝えしました。

夏はやっぱり水を使ったアトラクションが涼しくていいですよね。

 

ディズニーのグッズなら何でも買取可能なんです!

暑い夏に水を友人や家族と頭からかぶるのもひと夏の思い出になるでしょう

 

これまでに乗ったことがある方はもちろん

いままで夏のアクアトピアをまだ経験したことのない方も

ぜひ1度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

意外と爽快感にはまるかもしれませんよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました