子供連れでも安心! ディズニーシーの人気アトラクション3選!

アトラクション

ディズニーシーで子供と一緒に楽しみたい!

そう思われているお父さん、お母さんも

たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は子供でも親と一緒に楽しめるおすすめ人気アトラクションを

3つご紹介します。

 

子供と一緒に初ディスニー!という方に必見です。

ぜひご覧ください!

 

ディズニーシーで子供に人気のアトラクション3選その①ニモ&フレンズ・シーライダー

まず最初に紹介するのは、2017年5月にオープンしたアトラクション

ニモ&フレンズ・シーライダー』。

こちらは『ファインディング・ニモ』

『ファインディング・ドリー』の世界がモチーフとなっています。

このアトラクションは、劇場に着席して鑑賞するシアタータイプ。

魚サイズに縮むことができる潜水艇に乗り込み

ニモやドリーと一緒に海中探索が楽しめます。

映像と連動して動くので、水の中を泳いでるかのようなフワッとした感覚や、海流に飲み込まれてしまう感覚など、まるで本当に海の中にいるようなリアルな体験ができるのです。

さらに、毎回乗るたびにストーリーが異なるところも楽しめるポイント。
全部で32種類のストーリーがあるそうですよ。
全部制覇したくなっちゃいますね!

 

32種類のストーリーがあるって知っていましたか?

わたしもまだ全制覇していません・・

 

 

ニモ&フレンズ・シーライダーの身長制限は?

ニモ&フレンズ・シーライダーの乗車条件は

身長制限90cm以上なので2〜3歳くらいの

小さな子供でも乗ることができます。

ただし、補助なしで座れること

7歳未満のお子様は16歳以上の同伴者が必要という条件はあります。

 

激しいアトラクションに乗れない方でも

一緒に楽しめるところや屋内なので悪天候でも

楽しむことができるのも嬉しいですね!

 

一回の収容人数が122名のキャビンが2機

つまり244名の大勢のゲストが一度に乗車できるので

回転が早いのも人気の理由なのでしょうね。

 

ディズニーシーで子供に人気のアトラクション3選その②トイ・ストーリー・マニア!

次に紹介するのは子供から大人まで夢中になってしまう

『トイ・ストーリー・マニア!』。

アメリカンウォーターフロントにある

3Dシューティングタイプのアトラクションです。

 

 

パーク内でも一番の人気を誇ると言えるほどの人気ぶりで、

平日でも早い段階でファストパスが終了してしまいます。

過去には待ち時間500分を記録したこともあるとか?!

 

500分って8時間20分・・。

すごすぎる・・

 

こちらはピクサー映画『トイ・ストーリー』がモチーフとなっています。
ウッディの口から中に入り進んでいくと

ゲストは小さなおもちゃになってしまう設定。

 

3Dメガネを装着してトラムと呼ばれる乗り物に乗り込んだらスタートです。
スクリーンに出てくるターゲットをトラムに

装備されている大砲(シューティング・ローディッド・シューター)で狙います。

 

映画でお馴染みのキャラクターも続々と登場するので見応えも抜群!
最後にスコア発表があるのでつい夢中になってしまいます。
作戦を練って高得点を狙って繰り返し挑戦したくなりますね!

 

 

夜のトイストーリーマニアの外観が超キレイ!

おすすめです!

 

身長制限はなく、安定した一人座りが

できることが条件となっています。

個人差はありますが、だいたい2歳前後で

一人で座れるようにはなるものの

落ち着いて座っていられるようになる3〜4歳からが

一緒に楽しめるのではないでしょうか。

ディズニーシーで子供に人気のアトラクション3選その③

最後に紹介するのは

「赤ちゃんからおじいちゃん、おばあちゃんまで一緒に楽しめる?!」

アメリカンウォーターフロントにある
『ディズニーシー・トランジットスチーマーライン』です。

 

蒸気船に乗り込みガイドを聞きながら

ゆったりとディズニーシーの景色を楽しめます。

身長制限がなく、暗闇や突然大きな音が出たりすることがないので

小さな赤ちゃんも安心して乗船できますよ。

 

個人的には大好きなアトラクションです。

移動用にも使えるので便利ですよ。

 

ディズニーシー内の陽気な音楽と

異国情緒漂う風景がパークのテーマである『冒険』を

よりリアルに感じさせてくれます。

お天気が良い日は最高ですね!

 

夜はライトアップされた景色、水面に映る光が

とても幻想的でロマンティックな雰囲気の中を

船に揺られながら旅をすることができます。

2種類の運営コースに注意

少し難しいのが乗船場と運行コース。
トランジットスチーマーラインは2種類の航路があります。
1つは移動の手段として使える

「メディテレーニアンハーバー」と「ロストリバーデルタ」を行き来している航路

移動手段としても使えるね!

行き来していると言ってもどちらも出発駅から

時計回りに運行しているので行きと帰りで異なるコースを通ります。

つまり、両方の駅から乗れば一周できることになります。

 

もう1つは「アメリカンウォーターフロント」を出発して一周する航路です。

 

こちらのコースはディズニーシーの風景を

楽しみたい方におすすめです!

一度にディズニーシーの景色を楽しみたい!

という場合はこちらに乗るのがオススメです。

 

ディズニーシーはパーク内も広いので一日で

かなりの距離を歩くことになります。

気付かないうちにいつの間にか何万歩も歩いていて

帰り際にどっと疲れが出てくる、なんてことも珍しくありません。

 

私自身、楽しすぎて疲れに気付かず

帰る時には駅に向かう足取りが重くて重くて…。

スマホの万歩計を見るとなんと2万歩以上歩いてました!
この2つの航路をしっかり把握して

上手に利用すると体力温存もできますね。

 

間違った方向に乗ると

アウトパークするときにかなり歩くことに・・

 

一点だけ注意しなくてはいけないのが水上ショーが行われる時間帯。
水上ショーの準備時間から終了までの間は

トランジットスチーマーラインが運休になったり

航路が変更になることがあります。

 

ディズニーシーのアトラクションはどんな制限がある?まとめてみた!

航路が変更になる場合は運行時間や本数などが限られているので

利用したい場合はキャストの方に事前に確認すると教えてもらえますよ!

 

入園制限がかかっている場合以外は待ち時間は

比較的少なめな点も気軽に楽しめるポイントですね。

ただし『ロストリバーデルタ』から

『メディテレーニアンハーバー』に向かうルートは

夕方16時以降が少し待ち時間が長くなる傾向があります。

 

『メディテレーニアンハーバー』は

ディズニーシーのエントランス付近に到着します。

そのため、早めに帰るゲストやショーの前に

お土産を見に行くゲストで待ち時間が多くなるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?!
ディズニーシーには子供と一緒に乗れるアトラクションもたくさんあります。

広いパーク内を道に迷ってしまって無駄にウロウロする…。
なんてことがないように事前にアトラクションの大まかな位置や待ち時間、移動手段などを確認することをオススメします。

待ち時間や子供が疲れて歩けなくなった時の対策をしっかりして行けば家族みんなで楽しめそうですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました