ディズニーシーの面白いアトラクションは?厳選6つをご紹介!

アトラクション

ディズニーシーにたくさんあるアトラクション。

そのなかで面白い、お気に入りのアトラクションてありますか?

今回はディズニーシーで面白く人気な6つのアトラクションをご紹介します!

 

 

メディテレーニアンハーバー

まずはメディテレーニアンハーバーから行きましょう!

ソアリン:ファンタスティック・フライト

現在、ディズニーシーで1・2の人気をほこるアトラクション。

ファンタスティック・フライト・ミュージアムという博物館の

2代目館長カメリア・ファルコの人生をふりかえる特別展示がおこなわれています。

そのハイライトがソアリン!

東京ディズニーシーを出発し、世界中の景色を見てまわれるアトラクションです。

 

まだオープンして半年もすぎていないので

1年後、2年後にはどうなっているかはわかりませんが

海外では安定した人気をほこるアトラクションだけに

日本でも安定した人気を持続するのではないかな?と期待しています。

見られる景色が定期的に変われば

もっと楽しいかな?と思いますよね。

アメリカンウォーターフロント

トイ・ストーリー・マニア!

ニューヨークエリアでは一番新しい作られたアトラクション。

100年前のニューヨークの街のなかにつくられたトイビル・トロリーパークは

トロリー、最近ではトラム、日本では路面電車とよばれる電車の終点につくられた遊園地のことです。

このなかにあるのがトイ・ストーリー・マニア!で

おもちゃたちの持ち主であるアンディ少年の夜の部屋

そのベッドの下でウッディやバズたちとシューティングゲームをするアトラクションです!

 

トイ・ストーリー・マニア!オープンから不動の人気をほこるアトラクション!

ソアリンオープンで待ち時間がわずかに緩和されたように感じたのもつかのま

あっという間にもとにもどりましたね。

ほぼほぼ利用制限もなく、老若男女だれでも楽しめるアトラクション。

内容からして人気がでるのも納得ですよね!

はじめての方だと想像以上に腕が疲れます。
いやまあ、久しぶりでも疲れますが……

タワー・オブ・テラー

トイビル・トロリーパークの隣にあるアトラクション。

ディズニーシーで一番高い建物になります。

この建物は、ハリソン・ハイタワー三世という実業家・探検家が建てた

ホテルハイタワーの廃墟で

現在はニューヨーク市保存協会が主催する見学ツアーでなかを見てまわることができます。

見学ツアーのハイライトが、失踪して行方不明になったハリソン・ハイタワー三世の謎にせまる最上階への見学。

業務用エレベーターにしつらえられたイスにすわり、エレベーターで上っていくのですが

途中、呪いの偶像シリキ・ウトゥンドゥによって大変なことに……!

というフリーフォール系のアトラクションです。

 

オープンからトイ・ストーリー・マニア!のオープンまでは

ディズニーシーで一番の人気でしたが、今はその次くらいの人気に。

とはいえ、人気なのはかわらずで、待ち時間も60分以下になることは

平日の開園すぐか閉園間近くらいしかありません。

平均すると120分くらいの待ち時間が多いみたいです。

フリーフォール系が苦手な方も

直前(人数確認の時点)でリタイアもできますので

ホテルハイタワーのバックグラウンドを見学するだけでもいかがでしょうか?

途中リタイアする方はほぼいませんが

怖いからという理由で入らないのはもったいない。

それくらいのクオリティです。
連れの方がいるのなら途中まで一緒に楽しんでは?

 

アトラクションの入り口でリタイアできるかどうかを確認すると

入場を断られる場合もあるようです。

 

 

ロストリバーデルタ 

次はロストリバーのアトラクションをご紹介します。

インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮

アメリカンウォーターフロントからだと徒歩で

ポートディスカバリーをこえた先にあるテーマポート。

メディテレーニアンハーバーからなら船で一本で

エル・リオ・ペルディード川の船着き場に着きます。

そこから階段を上って見えるのが

ジャングルのなかからそびえるクリスタルスカル魔宮の塔ですね。

インディー・ジョーンズ博士の助手パコが勝手にはじめた

若さの泉をさがす魔宮探検ツアー。

ツアー開始早々に魔宮の主クリスタルスカルの怒りをかって

ツアー客は大変な目に……というアトラクションです。

 

ディズニーシーのオープンからあるアトラクション。

そのころから安定した人気をたもっています。

ツアーに使われるジープは12人乗りなのですが

そこは人気のアトラクション。

タワー・オブ・テラーと同程度の待ち時間になります。

ジープの急発進・急ブレーキ、前後左右上下になかなか大きくゆれるなか

不気味な雰囲気の魔宮内をすすんでいきます。

終盤、写真を撮られるゾーンがあるので

うしろの人の顔をかくさない程度に目立ってくださいね!

待機列のところも雰囲気ばっちり。
ファストパスルートだとさささっと通り過ぎてしまいます。

通常ルートだと見飽きてしまいますが……

レイジングスピリッツ

インディ・ジョーンズのとなりにあるアトラクション。

発見された古代遺跡で、水の神と火の神をまつっていた神殿だったようです。

発掘された水の神と火の神の像を向かいあわせてしまったからさあ大変!

仲がわるかった神様同士、おこってしまいました。

その怒りの力で発掘現場をはしっていた貨車のレールがゆがめられ

いちぶループしてしまうことに……。

という背景のあるジェットコースタータイプのアトラクションです。

水と火の神がまつられているというのは

入り口よこにある階段状のモニュメントに

水の流れといっしょに火が燃えていることからわかるかな?と思います。

 

東京ディズニーリゾート唯一のループコースター。

ランドやシーにジェットコースターは数あれど、一回転するのはここだけです。

ガジェットのゴーコースターやフランダーのフライングフィッシュコースターよりは長いけれど

スペース・マウンテンやビッグサンダー・マウンテンよりは短い

というジェットコースターになります。

このコースターはスリルライドになるのですが

さほど怖くはありません。

中途半端な長さがちょうどいいくらいな感じです。

重力で体がくたくたになる、ということもありません。

ただ、アップダウンはふつうにありますし

くだりで落ちるのが怖い人には怖いと思います。

インディー・ジョーンズやセンター・オブ・ジ・アースよりは

待ち時間は少ないかな、という感じです。

それでも平日で60分前後、混雑日ではそれ以上になります。

初めて乗るときに「荷物は足もとに置いてください」に

不安にりますが、絶対に落ちないので安心してくださいね。

無料ロッカーがあるので預けられるものは預けましょう。

何か落としたらそれだけでアトラクションが止まっちゃいますから。

ミステリアスアイランド

ミステリアスアイランドのアトラクションにも注目です!

センター・オブ・ジ・アース

ディズニーシーの象徴ともいえるプロメテウス火山。

そのなかにあるアトラクションです。

小説や映画などで有名な「海底二万マイル」に登場する

ネモ船長の秘密基地ミステリアスアイランド。

そのネモ船長の研究施設があるのがプロメテウス火山になります。

アトラクション部分は、その研究施設の一部

研究結果を展示していたり

火山のなかの不思議な世界をまわるツアーを開催しています。

そのツアーの部分がメインとなるところで

順調にすすんでいたツアーが火山の噴火にまきこまれ

急遽脱出することになる。

その脱出のしかたは少々乱暴で

火山の側面から飛び出してしまうのです。

という、東京ディズニーランドでいうところの

スプラッシュ・マウンテンと同じタイプのアトラクションになります。

ちがうところは、センター・オブ・ジ・アースはジェットエンジンで加速するところ。

出口へと加速していくところはほんとうに圧巻。

さすが東京ディズニーリゾート1の速さです!

 

飛び出したときに一瞬見える

メディテレーニアンハーバーやアメリカンウォーターフロントの景色はとてもきれいです。

ハーバーショーなどをしていると

活気のある湾か入り江のような雰囲気もプラスされます。

 

もしセンター・オブ・ジ・アースが休止中なら

入り口に立っているキャストさんに

「なかを見学できるツアーはやっていますか?」

と聞いてみてください。

タイミングがあえば、休止中限定の見学ツアー

マグマサンクタムツアー」が開催されていることがあります。

ネモ船長の研究内容などのアトラクションのバックグラウンドを

キャストさんが教えてくれるツアーですから

老若男女楽しめるツアーです!

開催されていたラッキーと思ってぜひ参加してみてください。

待ち時間を気にしないなら一番好きなアトラクションかも。

インディー・ジョーンズとおなじく

ディズニーシー開園当時からあるアトラクションです。

安定した人気があるのも納得です。

最後に

6つの人気アトラクションを紹介してみました。

いかがだったでしょうか。

この多くあるアトラクションのなかかからの選択基準は

待ち時間=人気

という単純な考え方で選びました。

たくさんの人が乗りたいと思ってならぶ→人気があると考えたわけです。

まあ、定番過ぎて知らない人はいないというアトラクションばかりですが

やはり定番人気というのは

それだけ面白いということにもなります。

もちろん、ここで取り上げなかったアトラクションも十分に面白いですよ!

待ち時間が長いとそれだけほかにまわせる時間が少なくなる

ということでもあるので

ファストパスなどを使ってかしこく楽しく遊んでほしいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました